CFD入門

「CFD入門」の税金のページです。



CFDの税金と損益通算

CFDの税金についてですがこれは生じた利益に対してかかってくるといえるでしょう。CFDの利益については雑所得扱いとなって総合課税の扱いになります。ですから他の雑所得と合計して確定申告をする必要があるのです。給与所得者の場合には雑所得が20万円以下であれば確定申告をしなくても良いという事になっています。CFDは基本的に店頭取引ですから雑所得内での損益通算をすることは可能です。そのためには店頭取引である必要があるでしょう。現在のところはCFDは店頭取引ばかりですから複数のCFD取り扱い会社で取引した場合には全ての損益を通算することはできるでしょう。また雑所得として計算されるという事ですから分離課税として扱われていない雑所得に関しては通算することができるのです。例えばFXを取引している人の場合にはFXが店頭取引であれば損益通算をする事ができるのです。CFDの場合には基本的には店頭取引ばかりだと考えておくと良いと思うのですが、FXの場合には店頭取引だけではなくて取引所取引もありますから注意が必要です。取引所取引としては大阪証券取引所が運営する大証FXと東京金融取引所が運営するくりっく365とがあります。現在のところは取引所取引としてはこの二つだけですからそれ以外のものであればどのFX取引会社で取引していても店頭取引のFXだと考えればよいでしょう。つまり大証FXかくりっく365以外のFX取引をしている場合にはCFDとの損益通算をする事が可能です。