CFD入門

「CFD入門」のレバレッジのページです。



レバレッジはCFDの魅力

CFDの魅力の一つとしてレバレッジが挙げられるでしょう。レバレッジをかけることによって小さな資金で大きな取引をする事ができるのです。レバレッジの設定はCFD取り扱い会社によっても異なりますし、契約によっても異なるでしょう。高いレバレッジでトレーディングすることを望む人も多いようですが、レバレッジを高くすればリスクも高くなるという事を知っておく必要はあるでしょう。これがレバレッジ商品の特徴の一つだと考えられるのです。ですからCFDではレバレッジを高くすればするほどリスク管理をしっかりとしていかなければならないでしょう。レバレッジを挙げたときのリスク管理としては、ポジションを持つと同時にストップロス注文を入れておくのが良いと考えられます。こうすることによって相場の急変にも対応する事ができるでしょう。これはレバレッジを書ける場合に共通して言えることなのです。レバレッジをかけない場合と比較してみると非常に分かりやすいと思います。例えば配当目的の長期投資であれば保有している株式現物を長期間に渡って保有し続けるという事が可能です。株式現物を買った場合には投資した金額以上の損失が発生する事はありません。例えば100万円投資して200万円の損失を発生させる事は不可能なのです。しかしながらレバレッジをかけた場合には投資した金額以上の損失を発生させてしまう事があります。リスク管理をしっかりと行っておかなければすぐに損失が膨らんでしまうといえるでしょう。