CFD入門

「CFD入門」の金利のページです。



CFDで発生する金利

CFDでは常に金利が発生するという事を忘れてはならないでしょう。CFDの仕組みを理解していれば金利が発生するという事もすぐに分かると思います。CFDでは証拠金を預けて大きなポジションを持つ事ができます。例えば株価が100円の銘柄を1万株買ったとするとどれだけのポジションを持っていることになるでしょうか。これは単純に計算して100万円という事になります。しかしながらCFDではレバレッジを効かせる事ができますから実際には100万円を入金しなくてもポジションを持つ事はできるのです。ではこの100万円はどうやって調達しているのかというと、これはCFD取り扱い会社から借りていると考えると分かりやすいと思います。注意しておくべきこととしては証拠金を預けてはいても証拠金で買っているのではなくて借りてきた資金で買いポジションを持っているという事なのです。借りているわけですから金利を支払わなければならないでしょう。売りポジションの場合にはこの逆です。売れば現金が入ってくるというのは当然の事でしょう。売れば現金が入ってくるのですがCFDでは実際に現金を手にするわけではありません。売った現金は取り扱い会社に預ける事になるのです。預ければ金利をもらえるというのは当然の事だといえるでしょう。そのために売れば金利を得られるのです。このようにCFDでは金利が発生するのですが実際には日本円の超低金利を反映して、非常に金利は小さいというのが現状なのです。

男性用のdholic製品はこちら
写真を中心にご紹介