CFD入門

「CFD入門」の維持証拠金のページです。



維持証拠金でリスク回避

維持証拠金とは最低限保有しておかなければならない証拠金だと考えればよいと思います。維持証拠金についてはCFD取引業者によって異なると思いますし契約によっても異なると思いますから、取引をする際に確認しておく必要があるでしょう。証拠金を考えるときには基本的な事として余裕を持っておくという事が必要だと考えるべきでしょう。レバレッジについては規制もありますから最低限維持しなければならない証拠金の金額はポジションによって決まっているといえます。もしも維持証拠金の金額を証拠金が下回った場合には強制的に一部のポジションを決済されたり、あるいは全てのポジションを決済されてしまう事がありますから注意が必要です。CFDではレバレッジを変える事ができますからこれを魅力と感じる人も多いようです。しかしながらレバレッジをかけることができる事によってリスクも大きくなるという事を忘れてはならないでしょう。維持証拠金が設定されている事によって最悪の事態を回避できるとも言えるのです。最悪の事態とは投資した金額以上の損失を発生させるという事だと考えればよいでしょう。株式現物の場合には投資した金額以上の損失を発生させる事はほぼ不可能でしょう。しかしながらレバレッジ商品では投資した金額以上の損失を発生させる事は簡単に行えてしまいます。損失が証拠金の金額を上回ってしまう事も考えられますが、維持証拠金が設定されている事によってこのようなリスクを低減できるのです。