CFD入門

「CFD入門」のCFD取引とはのページです。


  • HOME
  • CFD取引とは

CFDは差金決済型取引

CFD取引とは差金決済型の取引を指します。差金決済型の取引といってもピンとこない人もいると思いますが、他の金融資産を例に挙げれば分かりやすいでしょう。例えば差金決済型の取引として最も人気があるのがFXだといえるでしょう。株式で言えば信用取引が差金決済型の取引に相当します。つまりポジションを持ってそれと反対売買をすることによって一つの取引が終了するというものなのです。ポジションを持って反対売買をするというのは、例えばFXではドル円の買いポジションを持っていればいずれは売ってポジションをクローズしなければならないという事です。CFDでは差金決済型の取引を導入する事によって色々な資産を取引できるようになったのです。